気候変動と国際協調 - 亀山康子

亀山康子 気候変動と国際協調

Add: zonoga90 - Date: 2020-12-01 00:26:49 - Views: 1774 - Clicks: 6886

亀山:気候変動とオゾン層と生物多様性など、地球環境問題の解決を目的とした国際条約を横断的に比較する研究が1990年代に行われ、環境問題の境界を超えて分析する研究成果が出てきました。それぞれの環境問題に一つずつ条約ができましたが、実効性が. 政治の世界で気候変動はどのように語られてきたのか FOE Japan 気候変動連続ウェビナー ~気候変動の危機から世界を守るために立ち上がろう!~ 年12月15日(火) 国立研究開発法人 国立環境研究所 社会環境システム研究センター 亀山 康子. 23年度は、主要国によって認識された今後の検討課題に対して、国際協調が進展するための方策を検討する。 今年度の研究概要. 亀山康子, 高村ゆかり () 気候変動と国際協調—京都議定書と多国間協調の行方. 序章 気候変動と国際共存 ~ グローバル・リスク社会への対応 古沢広祐(国学院大学経済学部教授 jacses代表理事) 第一部<最新動向編> 第1章.気候変動交渉における各国の対立・協調の歴史と現状 沖村理史(島根県立大学総合政策学部教授). 気候変動リスク認識に関する世界および日本の企業業種別分析 著者:亀山康子 ・佐々木実紀(日本エヌ・ユー・エス株式会社) 年: 掲載誌:環境科学会 Vol. 亀山康子・田村堅太郎・高村ゆかり 1.

気候変動対処を目的とした次期国際枠組みの構造分析―デルファイ手法およびクラスター分析を用いたアンケート調査結果 亀山 康子 環境経済・政策研究年 査読有り. Amazonで康子, 亀山, ゆかり, 高村の気候変動と国際協調―京都議定書と多国間協調の行方。アマゾンならポイント還元本が多数。康子, 亀山, ゆかり, 高村作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 亀山康子 気候変動と国際協調 京都議定書と多国間協調の行方 : 亀山康子 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 主要国の気候変動政策に及ぼす要因の違い を比較し、その国の特徴や、主要国に合意可能な国際制度の構造について検討した(次ページ)。 「気候変動と国際協調―京都議定書と 多国間協調の行方」(年、慈学 社) 亀山康子・高村ゆかり 共編 気候変動レジームをめぐる諸理論 国際関係論からみた気候変動レジームの枠組み / 亀山康子 著: 部分タイトル: 気候変動レジームの意義と課題 / 高村ゆかり 著: 部分タイトル: 気候変動レジームの構成要素 炭素市場の構築 / 新澤秀則 著: 部分タイトル: 気候. 00 点 販売店名: BOOKOFF Online ヤフー店 /05/22 20:39 更新 蝶文明 ご注文~3日後までに発送予定(日曜を除く) 本 ISBN:正木高志/著 出版社:さんこう社 出版. 亀山康子さん かめやま・やすこ/国立環境研究所社会環境システム研究センター センター長。気候変動をめぐる国際交渉や国際制度を京都議定. パリ会合(cop21)で目指されるべき国際枠組みとは? 亀山 康子 / 年3月2日.

「気候変動:今後の国際協調の行方」 年9月12日環境経済・政策学会年大会 新澤秀則(兵庫県立大学) 高村ゆかり(龍谷大学) 橋本征二(国立環境研究所) 田村堅太郎・福田幸司(地球環境戦略研究機関) 亀山康子(国立環境研究所). 気候変動対処を目的とした次期国際枠組みの構造分析-デルファイ手法およびクラスター分析を用いたアンケート調査結果- 発表者 : 亀山康子 掲載誌 : 環境経済・政策研究, 2(2):. ハイディ・カレン著熊谷玲美訳()『ウェザー・オブ・ザ・フューチャー 気候変動は世界をどう変えるか』シーエムシー出版。 亀山康子・高村ゆかり編()『気候変動と国際協調―京都議定書と多国間協調の行方』慈学社。 参照サイト. このサイトに関心を持たれている方のほとんどは、気候変動問題やそれにかかわる国際的な動きをよくご存知の方でしょうから、基本的な「いろは」の話は省略して、今年(年)末にパリで開催される気候変動.

図書 『地球温暖化の事典』(亀山康子担当分「9. そのため, 望ましい年以降の国際. 気候変動と国際協調 : 京都議定書と多国間協調の行方. はじめに 年12 月12 日,気候変動枠組条約第21 回 締約国会議(cop21)は, 年以降の国際的 な取り組みに関する新たな合意文書,パリ協定, を採択した(unfccc, ).1997 年のcop3. 書名: 気候変動と国際協調 : 京都議定書と多国間協調の行方: 著作者等: 亀山 康子 高村 ゆかり: 書名ヨミ: キコウ ヘンドウ ト コクサイ キョウチョウ : キョウト ギテイショ ト タコクカン キョウチョウ ノ ユクエ. 【メール便利用不可】。気候変動と国際協調 京都議定書と多国間協調の行方 気候変動と国際協調 - 亀山康子 (単行本・ムック) / 亀山康子/編 高村ゆかり/編. 12-21 亀山 康子.

国際関係論。 主な編著書:「気候変動と国際協調―京都議定書と多国間協調の行方」(高村ゆ かり氏と共著、慈学社より 年近刊)、「地球環境政策」(昭和堂, 年)、 「Climate Change in Asia: Perspectives on the Future Climate Regime」. Amazonで康子, 亀山, ゆかり, 高村の気候変動と国際協調―京都議定書と多国間協調の行方。アマゾンならポイント還元本が多数。康子, 亀山, ゆかり, 高村作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 国際環境法 参考文献 高村ゆかり/亀山康子(編)『気候変動と国際協調―京都議定書と多国間協調の行方』(慈学社出版. 論文へのリンク. 【2-1801】世界の気候変動影響が日本の社会・経済活動にもたらすリスクに関する研究(~) 研究代表者 亀山 康子(国立研究開発法人国立環境研究所).

気候変動と国際協調 - 京都議定書と多国間協調の行方 - 亀山康子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 気候変動抑制を目的とした京都議定書は今年2月に発効したが, 米国や途上国が排出抑制義務を課されていない, 年以降の義務内容については未定である等, 多くの課題を残している. 1持続可能な発展の概念」). 主要国の気候変動政策に及ぼす要因の違い を比較し、その国の特徴や、主要国に合意可能な国際制度の構造について検討した(次ページ)。 「気候変動と国際協調―京都議定書と 多国間協調の行方」(年、慈学 社) 亀山康子・高村ゆかり 共編. 気候変動と国際協調 京都議定書と多国間協調の行方/亀山 康子(気象)の作品一覧ページです。最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。.

気候変動(あるいは地球温暖化)はいまや、気候危機と呼ばれています。 こうしたなかで開催されるCOP25では、何が話し合われるのでしょうか。 そのポイントと背景について、気候変動の国際交渉を長年フォローしている亀山康子・副センター長(社会環境. 12 企画セッション「気候変動:今後の国際協調の行方」 1 環境経済・政策学会 年大会@,古屋大学 「主要国の気候変動政策立案の比較分析:政策間シナジーを求めて」 報告者:亀山康子(国立環境研究所) 要:. 気候変動抑制のための将来の国際枠組みと市場メカニズム 亀山 康子.

気候変動と国際協調 : 京都議定書と多国間協調の行方 フォーマット: 図書 責任表示: 亀山康子, 高村ゆかり編 言語: 日本語 出版情報: 日の出町 (東京都) : 慈学社出版 東京 : 大学図書 (発売),. 亀山康子, 高村ゆかり編. 著書として『新・地球環境政策』(年、昭和堂)、『気候変動と国際協調 - 京都議定書と多国間協調の行方』(高村ゆかり氏と共編、年. 古城佳子 () 試練の多国間主義(上)—貿易交渉、脱温暖化:新興国台頭で合意厳しく.

気候変動と国際協調 京都議定書と多国間協調の行方/亀山康子,高村ゆかり【編】 価格: 1,900 円 レビュー: 0 件 / 平均評価: 0. 慈学社出版, 大学図書 (発売),. 1 拙稿「気候変動レジームの意義と課題」亀山康子・高村ゆかり編著『気候変動と国際協調 ―京都 議定書と多国間協調の行方』(慈学社、年)、55-57頁. 11 形態: 407p ; 21cm 著者名:. 気候変動と国際協調―京都議定書と多国間協調の行方 亀山 康子 、 高村 ゆかり | /11/1 単行本.

専門は地球環境問題に関する国際関係論。 主な著書は、『新・地球環境政策』昭和堂(年)、『気候変動と国際協調』慈学社(年、高村ゆかり氏と共編)等。. Climate change and international coordination : future of multilateralism.

気候変動と国際協調 - 亀山康子

email: xijuza@gmail.com - phone:(360) 598-5017 x 2107

身の闇 名古屋哲夫詩集 - 名古屋哲夫 - 土木施工管理技士受験研究会 実地試験

-> + ing
-> 三田松聖高等学校 2018 高校別入試対策シリーズ

気候変動と国際協調 - 亀山康子 - 刈田郡蔵王町


Sitemap 1

職場のトラブル解決の手引き - 労働政策研究・研修機構 - カネが邪魔でしょうがない 紀田順一郎